論文審査料の廃止について

 本学会では、投稿論文の審査に対し、些少ながら審査料を支払っておりましたが、評議員会および理事会における協議に基づいて、1998年7月以降に新たに審査をお願いする分より、審査料を廃止することになりました。
 
 なお、1998年6月以前に審査をお願いしている分につきましては、従来通り審査料を支払うことになっています。

(追記)
 本編集委員会では、1998年より、前年1年間に審査員としてご協力を賜った方々のお名前を木材学会誌(各巻1号)に掲載することにしています。
 


お知らせ へ戻る