Journal of Wood Scienceは44巻1号からスタートします

英文誌 Journal of Wood Science の巻については,編集委員会や常任理事会において様々な角度から検討されてきましたが,このたびの第249回理事会で44巻1号からスタートすることが決まりました。これは,この雑誌が40数年間の実績を持つ木材学会誌から分離して発行されることを強く意識した結果です。
したがって,1998年に発行される木材学会誌と Journal of Wood Science は,いずれも44巻1号〜6号となります。
 

お知らせ へ戻る



[43巻11号会告より]

木材学会誌投稿規程および執筆要項の改定
ならびに
Journal of Wood Science投稿規程の制定について

日本木材学会では,1998年から木材学会誌を和文誌と英文誌に分離することに伴い,同誌の投稿規程および執筆要項を改定するとともに, Journal of Wood Science の投稿規程および Instructions to Authors を新たに制定しましたのでお知らせいたします。投稿および原稿執筆に関して従来と大きく異なる点は下記の通りですが,詳細については本会告の末尾に掲載しました規程等をご参照下さい。なお,これらの新しい投稿規程および執筆要項は1998年1月1日以降に受け付ける原稿から適用されます。
  1. 木材学会誌には英文論文を掲載しない。したがって,「速報」は Journal of Wood Science にのみ掲載される。

  2.  
  3. 木材学会誌に掲載された和文論文の英訳と Journal of Wood Science に掲載された論文の和訳は,その旨を注記すれば,それぞれ Journal of Wood Science と木材学会誌に投稿できる。

  4.  
  5. 投稿時には原稿原本のコピーのみを提出し,原本は編集委員会から指示があるまで提出しない。ただし,写真は原則として原本と同じものを添付する。(※1参照

  6.  
  7. 従来の「受理日」は「受付日」に変更し,新たに「受理日」を規定した。(※2参照

  8.  
  9. 図は,そのまま印刷できる完成原稿として提出する(印刷所での文字の貼り込み等は一切行わない)。

  10.  
  11. 文献の記載では全員の著者名を省略することなく記し,「ほか○名」や「et al.」は用いない。また,同じ雑誌が続く場合も「同上」や「ibid.」を用いない。さらに,英文論文では論文の表題も必ず記載する。

  12.  
  13. 英文に自信がない場合は,英語を母国語とする専門家の校閲を受けてから投稿する。
 


[補足説明]  

お知らせ へ戻る